おすすめの映画・ドラマ・アニメやニュースを紹介します!

キネアニ

レビュー ドラマ(海外)

【ドラマ】私立探偵ヴァルグ

投稿日:

『私立探偵ヴァルグ』(VARG Veum)は北欧のノルウェー発のサスペンスドラマ。
原作は、グンナル・ストレーセンによる小説シリーズ。
多民族国家であるノルウェーを舞台にした個性的な事件の数々に丁寧な人物描写が光る重厚なサスペンスドラマです。
人気な作品も多い北欧サスペンス。ドラマ好きにはオススメの一作です。

探偵 ヴァルグ・ヴェウム

主人公は、私立探偵のヴァルグ・ヴェウム。
どこか飄々とした性格で、一見怪しい謎めいた人物ではあるものの、観察力や推理力に優れ探偵としては優秀。
ぼさぼさの髪に伸ばしたヒゲもトレンドマークなのかなと思いましたがノルウェーの男は基本こういう感じみたいですね。
探偵の仕事はシンプルな依頼であっても、その案件について調べていくにつれ、ヴァルグは依頼主が隠しておきたい家族の秘密や裏の事情に気づいてしまい、それによってひどい目にあうことも。
第一シーズンでは、行方不明の少女の捜索を依頼されるなど、子供が関係したストーリーが展開され、ヴァルグ自身もかつて児童福祉施設で働いていた過去が明らかになります。少女たちのため必要とあらば危険な場所へも単身乗り込み、時には警察からも睨まれながらも依頼を投げ出さず調査を続ける姿に、ヴァルグの真面目な人柄が見えます。

ノルウェー

舞台となっている「ノルウェー」という国についてちょっとご紹介。
正式にはノルウェー王国。ノルウェー国王がいらっしゃいます。
スカンディナビア半島の西岸に位置し、北極海とノルウェー海に面している国。寒そうなイメージがありますが、海流の関係で不凍港であるほど温暖だとか。
陸地のほとんどがスカンディナビア山脈が占めており、平地はほとんどありません。面積は約38.5万㎢で、日本よりもわずかに広いですね。
ノルウェーの国民は、そのほとんどがゲルマン系、スウェーデン系、デンマーク系といったノルウェー人。
人口の1割以上が移民で、ポーランド、パキスタン、イラク、ソマリア、ドイツ、ベトナム、デンマーク、イラン、トルコといった様々な人種が住んでいる移民国家でもあります。現在では、移民制度に反対するテロ事件などが起こったこともあり、反対派が与党の多数を占め、移民の申請者も激減したとか。
徴兵制があり、19歳から44歳の国民は1年間の兵義務があり、これには女性も含まれています。拒否することもできますが、代行として社会奉仕活動を選択することもできるそうです。
世界有数の原油輸出国。漁業、林業、鉱業なども盛んで、日本にもノルウェーサーモンや、大西洋サバなどが多く輸出されています。

大まかな説明でしたが、ドラマを見る時のちょっとした参考になればと思います。
「私立探偵ヴァルグ」でも、移民に関する事件も多く登場するなど、多民族社会ノルウェーならではの個性的な事件が見ものです。

(wikipediaより)

トロン・エスペン・セイム(Trond Espen Seim)
ノルウェー出身の俳優。
『私立探偵ヴァルグ』では、主人公のヴァルグ・ヴェウム役。
2011年にリメイクされた「遊星からの物体X ファーストコンタクト」(The Thing)にも出演しています。

-レビュー, ドラマ(海外)

Copyright© キネアニ , 2019 All Rights Reserved.